教育について語ります

良い教育に必要なもの

良い教育を受けたかったら、生徒のやる気や資質が高いところを選ぶことが最も肝心なことになります。
どんなに良い先生をそろえ、最高の設備があって、優れたカリキュラムを作っても、優秀な生徒がいなければ、まともな教育はほどこせないからです。
良い教育を受けたかったら、生徒の質が高いところを選ぶようにすれば良いのです。
極端な話し、難関大学や名門スクールにに行ければ一番良いのでしょう。こうしたところは生徒の質が高いので、教育の質も良くなるはずです。
とはいえ、学校環境だけでは、良い教育だとは言い切れません。やはりソフト面の充実、つまり学校側の教育姿勢であったり、保護者等のサポートであったり、地域支援であったりと、様々な連携と協力がなければ、良い教育環境にはならないからです。
そういう体制ができていれば、少々、先生の質が悪かったり、環境が悪かったり、カリキュラムが悪かったとしても、教育の質は言うほど下がることはないわけです。優秀な生徒とは能力的にも高くて、やる気もある生徒たちが多いからです。